インターネットで、検索が上位に上がらない どうしたらよいだろう?

インターネットで、検索が上位に上がらない どうしたらよいだろう?

色々言われているのがSEO対策を行うことです。
そのSEO対策も一度やってOKかと言うと、SEOが法律のように年々変化しているので
一回やったからず~っとOKとはいかないということです。


◆そもそも、私のホームページって検索したらどのくらいの位置(ランク)なのか?
 今現在、ホームページやブログがどんなキーワードの組み合わせで検索すると
 どのくらいの順位になるのか調べることができます。



◆検索順位チェッカー

http://checker.search-rank-check.com/#result

自分が検索してほしいキーワードを入れて検索してみましたか?
結果はどうでしょうか?


私は、アウルシステムサービス単品ですと、1ページ目に表示されます。
  完全に固有の屋号にしましたので、名刺交換して気になれば、検索して頂くことは可能です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
5年程前までは、グーグルからページのランクが設定されていました。

下記のサイトより一部引用
https://seopack.jp/seoblog/20160418-pr-extinction/

グーグルのページランクとSEO対策

・多くの被リンクが集まったサイトには高いページランクがつく→相互リンクが流行った
・ページランクの高いサイトからリンクされると、自サイトのページランクも上がる
・自サイトのページランクは、Googleによる全ページランクデータの「更新」で上下する
・年に数回の「ページランク更新」までに自サイトのリンク状況を改善(=SEO対策)すれば、より高い順位に表示できる

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


<<相互リンク>>
変わった今もどうやら、被リンクはSEO対策として、有効のようです。

被リンクとは、自分のホームページやブログのURLが
別のかたのホームページやブログに記載してあることです。

なので相互リンクが流行っていました。
あなたのURL私のホームページに貼りますので、変わりに私のURLあなたのホームページに
載せて頂けないでしょうか?

というような具合です。

私も相互リンク自体は自サイトの検索に影響しますので、申込があれば、一緒に行っていきたいと思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
◆検索順位を上げるには?
  https://seopack.jp/seoblog/20161220-serchengine-higher/ サイトを参考にしてください。


  わかりやすくすると
  ①検索してもらいたいキーワードを絞り、それをホームページのタイトルや、記事にふんだんに取り込む。
  ②被リンクを増やす ➡ 別のサイトに自分のURLを載せて頂く ➡ 相互リンクしましょう
  ③競合と被らないニッチな検索ワードにする。
    例)アウルシステムサービスなどの固有のワードは、基本被らない。
      ➡でも、名刺交換で屋号を知ってもらった人しかわからない。
      ので、一般の人がどんなキーワードで検索して、その結果、自社のサイトに来てもらえるかを考える。
  ④テキスト(文章)量を増やす。
    ホームページだけでなく、ブログが使われている理由がこれになります。
    自社のホームページの内容と被せた、専門的なワードが多量にあることにより検索しやすくなります。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

とま~素人が検索して、上位にあげるのはこのくらいです。
SEO対策は、プロの方の方が知識ありますので、お願いするのも手です。
その分料金もかかりますので、それが難しい場合は、サイトのページのテキスト量が多くなるように
毎日、ブログをアップするのも一つのわかりやすい目安です。

300記事くらいあると検索ひっかかりやすいかもしれませんね。

この記事へのコメント

プロフィール

名前:
ユッケ
性別:
ウェブサイトURL:
https://peraichi.com/landing_pages/view/owl01
一言:
アウルシステムサービスの坂下 悠介です。
通称はユッケで通しております。

ワード・パワーポイント・エクセルの効果的な使い方の指導させてもらってます。

なんちゃってエクセルから脱出し、事務作業の短縮が出来るサポートをしております。
数式を使うことで、時短を図り
関数を使うことで、さらなる時短を図り
エクセルのもつ本来の機能を活用することで

さらなる時短を図り

それらを組み合わせてオリジナルのシステムを構築する。
エクセルだからどこにでもある。
使い方は色々。
知ってもらうことで、作業はぐっと楽になる。

【事業内容】
・ワード・パワーポイント・エクセルの個別レッスン
・エクセルの数式・関数・機能を組み合わせたシステム開発
・エクセルファイルのカスタム
・事務作業改善のコンサルタント

ホームページ:https://peraichi.com/landing_pages/view/owl01